パリ・デザイン


しょっちゅう利用しているメトロの駅でも、未だ発見尽きないもので。
「メトロ」だけにテーマを絞ったとしても、暇さえあれば毎日新たな事柄をアップロードできる、独立したブログが作れるほどじゃないかと思います。
「1日=365日だったなら」と、やりたい事の目白押しに地団駄して止まない私の口癖でして、本当、暇を得て新発見探しに歩き回りたいものです。

世界で一番人気の観光地パリだけに、ご存知の方は多いと思いますが、各駅様々なテーマで異なるデコレーションが施されています。
特に、観光名所の多くが集うパリ中心地を真横に走る1号線の駅は、パレ・ロワイヤル、ルーヴル、バスティーユ、オペラなど、それぞれの有名どころからインスピレーションを得たデコレーションが盛りだくさん。

下は、ええと・・・壁のタイルにい文字がプリントされている駅って、コンコルドでしたっけ・・・?
ひと月ほど前に初めて気付いた、意外なデザインのごみ箱。
c0120322_5321676.jpg

ひっくり返すのが不便そうだけど、よく見ると色々考慮されたデザイン。

同じ日、シャンゼリゼからちょっと裏手に引っ込んだ、凱旋門間近の16区内で写して来たのが次。
c0120322_5334370.jpg

落書きシリーズの写真も貯まっているので、それらと一緒に載せようかなと思っていたのだけど。

夏の終わり頃に気付き、「これはカメラにおさめないと!」としばらく思っていた割に、毎朝この辺り出勤道中で歩いていながら、どうも朝は時間がなくて撮り逃していまして、やっとこハロウィーン近づく頃に撮影。
c0120322_534261.jpg

他にもないかな、と辺りの地面ばっかり眺めて歩いたものの、今の所1つしか見つけていません。
その他のマンホールにもプリントできそうなのに。

マンホールのデザインも色々あって、一挙に並べると面白い・・・ と思う私と同類は、そう多くもないのかしら。

地面の落書きはパリ市内あちこちで随時リニューアル(?)されているので、まだまだあって、発見するごとにせっせと撮り集めていまして、大分貯まりつつあります。
そこら中に観光客が居るパリ。
妙なものにカメラを向けていると、そんな私を好奇心たっぷりに眺め観察し初めて地面の落書きに気付き、一緒になってカメラを向ける、なんてことしばしば。
立ち止まって改めて眺めるパリ人、そこからデスカッションが始まることもあり、近頃すっかりお気に入りのアクティヴィティとなっています。
[PR]
by mmetomato | 2009-11-12 05:37 | パリ Paris


<< Paris、雪は消えるもまた寒波 ショコラ祭り:6 >>