タグ:旅行 ( 36 ) タグの人気記事
パリのアール・ヌヴォー:その5


ギマールによる代表的かつアールヌヴォーらしさ溢れる異質なデザインの邸宅もこの界隈。そちらへと向かう道中にも、見逃せない同建築家作品が見られるので、寄り道数件を歩いた順に掲載します。

こちらは60 rue la Fontaine(フォンテーヌ通り60番地)、Hotel Mezzaraオテル・メッザラ。 1911年築。
c0120322_19545429.jpg

控えめながらもやはり同じ時代の香りたっぷり。
c0120322_19553581.jpg

半年足らず前にガウディを目一杯、駆け足ながらも堪能してきたばかりの我が目には、インパクトとしては欠けますが、入り口門というか柵のあしらいも彼らしいスタイル。
c0120322_19563739.jpg

サインはここは痛みなく残っています。
使われる石のみならず、こういう石造りの家って、風向き次第で傷み具合がまた異なるものなんですよ。
湿度が高いとすぐ黒くなってしまったりね。
もっとも、黒ずむのはカビの類によるとかで、増殖を防ぐ薬もあるらしいです。
c0120322_19571037.jpg

入り口扉(次)
c0120322_19575429.jpg

修理する職人さんが今もいるのがまた、フランスの良いところ。
ちなみにトゥールにはこういう専門家の学校があり、普段あまり見かけないけれど高技術の専門家が沢山います。お隣の県にもあって、そちらは石の専門家育成で、外から見えるアトリエを壁越しによく眺めては、皆熱心に取り組んでいるのになんだか妙に感激して、むやみに拍手を贈りたくなったものでした。
c0120322_19583977.jpg

窓の前も、ファサード中央は独特の、茹でたスパゲッティを散らしたような曲線スタイル。
c0120322_19591818.jpg

通風孔と言うのかしら、地下の明り取りなのかしら、侵入防止の柵も見落とせません。
c0120322_2001269.jpg

ギマール邸からメトロJasminジャスマン駅へ戻り、駅すぐ脇、東寄りへと伸びる石畳の小さな道、rue Ribera(リベラ通り)を突き当たりまで進んで左折してすぐ左手になります。
住所は 60 rue la Fontaine 75016 Paris(16区)

ここからすぐ目と鼻の先にあるのが、次回ご紹介する「Tremois トゥレモワ」。
[PR]
by mmetomato | 2010-04-03 20:02 | アールヌヴォー
パリのアール・ヌヴォー:その3


ドーフィヌ駅からメトロ2号線で2駅、エトワール駅にて6号線に乗り換え目指すは「ギマール邸:Hotel Guimard オテル・ギマール」。
またちょいとウンチクになりますが、仏語の「Hotel オテル」という単語には、日本語で言う「ホテル」だけでなく、いくつもの意味というか利用法があり、オテル・ギマールについては「邸宅」の意味になります。観光客などを泊めてくれる宿泊施設ではありません。
c0120322_4414325.jpg

上は、そのギマール邸がある通り「Avenue Mozart アヴニュ・モザール」、直訳するとモーツァルト大通り。
何故オーストリアの音楽家モーツァルトの名が用いられているのか、今ちょちょっと検索してみたのですが見当たらず。 そのうち何か見つけたら追記します。
c0120322_444461.jpg

この並木道は、道沿いにパラパラと商店、カフェ、レストランが並ぶなかなか環境の良い通り。 地域の人が行き交い、アップで移せなかったけれど上、ブルーの上っ張りを羽織ったマダムはすぐ脇の美容室のお客さんで、ヘアカラーのメッシュ途中でアルミホイルを頭に貼り付けたまま一服しに外へ出て、立ち話中・・・ なんだか80年代辺りの日本のド田舎の道端風景の如し。

メトロJasminジャスマン駅までは、エトワール駅から6号線Nation行きで3駅目、Trocaderoトロカデロで9号線Pont de Sevresポン・ドゥ・セーヴル行きに乗り換え4駅目。乗り換えは分かりやすいのとほぼ同じ区内なので15~20分程でしょうか。
Avenue Mozartを5分足らず南下して行った122番地にあるのがギマール邸。 したの写真で真ん中に写っている街路樹のすぐ右に移っているのがその邸宅。 歴史的建造物として今、保護指定されています。
c0120322_4423148.jpg

住所:122 avenue Mozart 75016 Paris(16区)

この界隈、歩いて巡れる圏内に、ギマールによる建築物が複数あります。ざっと巡ってきたので、それらも今後紹介します。
c0120322_4455939.jpg

知らずに歩いていると必ずしも目に留まるとは限らないであろう外観。
でも、この景観でもアールヌヴォーの気配は感じるでしょ?
c0120322_4464140.jpg

悔しいことに逆行でして・・・ 何時頃だったかな、午後早めの時間。

細部は次回に。
[PR]
by mmetomato | 2010-03-09 04:49 | アールヌヴォー
パリも徐々に春らしく


三寒四温、春到来! と、太陽に誘われ「ブローニュの森でも散策に」と外へ飛び出したのだけれど、家を出る直前に友人から電話を受け急遽予定変更。
メトロの駅へと方向転換して出くわした春の風景。
c0120322_20313731.jpg

友人が午後半ば位に合流するというので、お天気が良くなったら巡りに出かけようと思っていた、アールヌヴォー時代の建築家、エクトール・ギマールHector Guimardの作品見物に予定変更。
c0120322_20325728.jpg

太陽に誘われふらっと出かけたパリの端、メトロ駅Porte Dauphine ポルト・ドーフィヌは、日中割と出入り口がひっそりとしていてカメラを向けるのにピッタリなんです。
c0120322_20322123.jpg

モンマルトルのアベッスAbbesses駅にも同じのがありますが、Porte Dauphineは緑に囲まれ遠景を写すのに調度良く、より明るくて、前々からカメラに収めに行こうと思いつつもなかなか実現しなくて。
c0120322_20334160.jpg

アールヌヴォーというと、万人受けするすべらかなものから奇怪なものまで様々だけれど、ギマールによるメトロの出入り口は、パリ人にも外国人観光客にも根強い人気。

ちょびっとウンチクを添えますと、まずHector Guimard エクトール・ギマールはフランス、リヨンLyon生まれの建築家。
1867年3月10日生まれ(1942年没)。
Hector Guimardはヘクトア・グイマルドじゃありません。仏語ではHは発音しない決まり。Guiはギと読み、例外は多々あれど一応ベースとしては最後に来る子音は発音しない決まり。

建築について専門的に学校へ通って学んだわけじゃないけれど、アートの一環ととらえて私には大好きなジャンルのひとつでして、殊にアールヌヴォー時代(19世紀末から20世紀初頭のほんの半世紀足らずにヨーロッパを中心にワッと流行ったスタイル)の作品は、若かりし頃、ほぼそれだけを目的にあちこち旅して歩いたものです。
一般的にもこの建築家は「フランスのアールヌヴォーを代表する主たる人物(の一人)」と言われるのに加え、ベルギーの同じ時代を代表する建築家Victor Horta ヴィクトール・オルタに比較して、私にとっては、各々各国を代表する同時代の主要人物、かつ類似点も顕著。

ちなみにアールヌヴォーを短い旅行で目一杯鑑賞するなら、私のお勧め地は断然ブリュッセル!
パリより小さな都市なのでトラムウェイ、バス、ちょっとしかない地下鉄を駆使して町中短時間で巡れるし、街が小さいのに今も素人目にも明らかなアールヌヴォースタイルがそれはそれは沢山、街に凝縮された如く残っているから。
ブリュッセル中を巡り歩けば、その時代に発展したラテン系の国の柔らかいラインのアールヌヴォーとゲルマン系の国の直線を多用したアールヌヴォー、十把ひとからげにされるアールヌヴォーにも様々なスタイルがあるもので、その両方を1つの街で堪能できる「美味しい街」なんです。

勿論、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、オーストリア、スペイン、ドイツと主要国全部巡れるなら、2ヶ月くらいかけてしらみつぶしに巡るのが一番だけど。
バルセロナのガウディ作品も、町中走り回って堪能するなら1週間は欲しいところ。
でも、絵画と違って建築は基本的に国外に持ち出せないので(部分的には外国でのエキスポジションなどに持ち出されたりレプリカが展示されたりしますけど)、好きなら断然旅行する価値アリですよ。

さて、ギマールのメトロ駅に話を戻しますと、上のPorte Dauphine ポルト・ドーフィヌ出入り口のひとつ(出入り口2つ、出口1つある)はギマール作メトロ駅出入り口デザインの中の1スタイルでしかありません。
類似したものには、かつてのHotel de Ville オテル・ドゥ・ヴィルからお引越しして設置されたという同じ路線(メトロ2号線)はモンマルトルのAbbesses アベッス駅、そしてChatelet シャトレ駅とあります。

その他、より多く見かけるのが次のスタイル。
c0120322_20343774.jpg

パリに観光に来る人の、恐らくほぼ全ての人が一度は通るであろうルーヴル美術館(le Musee du Louvre)とパレ・ロワイヤル(le Palais Royal)の間にあるLouvre-Rivoli駅の出入り口もこのスタイルです。
上の写真は、太陽が隠れてしまっていきなり寒くなった同じ日の午後半ば、友人と合流すべくありがちに待ち合わせ場所に指定した、カルティエ・ラタンQuartier Latinはサン・ミシェル St Michelのメトロの出口のひとつです。
この日の私は「ギマール尽くし!」と決めこんでいたので、待っている間もメトロの入り口にせっせとカメラを向けていましてね。
相変わらずデジタルカメラを買っていないので、携帯電話のカメラ、電話としてはろくでもないSony Ericssonですが、電話に付属のデジカメ機能はそんなに悪くないでしょ。

パリのメトロについては、それだけをテーマにみっちり365日ブログの記事を書けそうなくらい話尽きないのですが、またいろんな方向へ話が飛んで収集がつかなくなるのが明らか。

ある程度まとまったら、「TOMATO流かなり偏ったパリガイド」としてブログからグルメ・ガーデンサブサイトにでも記事転居させようかと思いつつ、今しばらくは「パリのアールヌヴォー」・・・というのもまた幅が広すぎるテーマかな。
むしろ、この日巡ってきたギマール作品紹介に徹しようかと思います。
(写真整理する時間もあまりなくて、去年のバルセロナ写真も予告しておきながらまだ掘り起こせていないので、きっとまたすぐどこかへ話が飛んでしまう可能性大ですが、一応ギマールに関しては手元にある写真全部載せる! と意気込んでいます)
[PR]
by mmetomato | 2010-03-07 20:37 | アールヌヴォー
バルセロナ:ランチ1


きちんと順を追って掲載したかったのですが、あきらめました。 まばらにあっちこっちへ話が飛びますが、一通り載せた後でサイトのほうにまとめ直そうと思っています。
ブログのスペースも限られているし。

さて、街の風景も興味深いながら、食も見逃せないバルセロナ。
「タパス」が大分日本でも知られるようになったかと思います。 ご存知ない方のために目一杯簡単に説明するなら、カフェ(喫茶店)と日本の居酒屋ごちゃ混ぜにしたような「バル(ないしバール)」と呼ばれる小さなカフェ兼レストランが街中に沢山あって、バルセロナ人達は一杯飲んだりちょっとつまんだり食事したりと大活用していまして、「タパス」と呼ばれるのは、そういったところで提供される小皿料理のことです。
c0120322_1931724.jpg

バルセロナ到着翌日午前のミーティングを終えたアシャンプラ地区のオフィスから見送られながら、「この辺でちゃっちゃと食べられる美味しいレストランはない?」と尋ねてみたところ、「2ブロック先の角のレストラン! 美味しいわよ」と教わったものの。
来る時に歩いた道で、「あのちょっと高そうな店じゃ?」と思った通り。 タパスを願った私達の狙いとはクラス違いで、テラス席でも小皿をホイホイと注文するのではなく、半ばフランス式にきちんと1皿ずつサーブされるスタイルで、もう1、2ブロック歩いて最初に現れた庶民的なカフェのテラスに席を見つけた私達。

座るや否や早速、直前のミーティングのレポート用メモを打ち込む同僚、私はざっとメールチェック。
この頃涼しかったパリから真夏気温のバルセロナに飛び込んだものだから、すっかり喉が渇いていたので、シュタッとやってきたウェイター(店主と思しきおじさん)にひとまず、
「アグア・コン・ガス・ポルファボール!」(ちょっとスペイン語ができる同僚)
「アグア・コン・ガス・ポルファボール!」(「私も」というフレーズを知らない私)
c0120322_1942169.jpg

ず〜っとダイエット中の同僚はひたすら「サラダ」に執着し、2種類頼んでみたところ・・・
c0120322_1981453.jpg

上はサラダ菜にトマト、オリーヴ、アンチョビ、ピーマン、そして豆腐のようなフレッシュチーズを沢山あしらったもの。
下は、他のバルでもよく見掛ける「ロシア風サラダ」と命名された、日本のポテトサラダのようなもの(むしろフランスのサラダ・ピエモテーズのようなもの。ポテト、ツナ、その他諸々のマヨネーズ和え)。
c0120322_19101571.jpg

ダイエットと言う割には、コロッケにかぶりつく同僚・・・
だからいつまでもダイエットし続けるんだってば。
「あ・・・ 残りあなた食べなさい!」
かじりかけを押してよこす彼女。
c0120322_1954236.jpg

決して「太っている」類じゃないんですけどね。
女性らしさに留まる程度に、あるべきところにちょっと保ち気味、というのが気になるらしくて。
女性は皆、スリムであろうが「この辺がちょっと・・・」と気になるもので。

数ヶ月前に彼女の元夫(娘のパパ)の家にお邪魔していた時、彼女が居ないのを良いことに「フランソワーズはデブだ」とふざけて言い放つ元夫(別れても仲良しでしょっちゅう集っている)に「デブは言い過ぎ!」と激しく反論する娘(17才)と私、それを受けてフランソワーズの現彼がぼそっと曰くは、
「ちょっと肉ついてる方がセクシーだよ、女って」

女性誌が何と報道しようとも、フランス人男の80%は、こんな本音を隠し持っているものです。
c0120322_1913239.jpg

グルメ・ガーデンの多国語食材名称表作成時の記憶から、スペイン語は分からずともなんとなく、どれが野菜でどれが肉かくらいは想像がつく私。
お腹ぺこぺこ、しかも今回のバルセロナステイ初のタパスだったので、二人共勢いづいていて、結局3人分くらい注文してしまい、せっせと平らげました。

上はソーセージ。 茹でただけ。
粗挽きなので脂っこかった。
c0120322_1913568.jpg

こちらは、フランスで言う「ミラノ風カツ」、日本風に言えば薄っぺらいトンカツ。
「ダイエットとは口ばかり」な私(むしろダイエットは延々「明日から」)同様、結局フレンチフライまで食べ尽くす我ら2名の「永遠に続くダイエッター」。
c0120322_19144037.jpg

観光客が集うようなバルじゃなく、やって来た人が私達のテーブルの端っこに立てかけてある小さなお品書きを、
「もう注文し終えた? 借りていい?」
と気軽にさらって行き、隣に着席。
街の一杯飲み屋のような小さなお店でも、フランス感覚では遅めのランチタイムに着々とテラス席が埋まって行きました。

なんだかスペイン人って、一日中なにか食べているように見えるのよね・・・
[PR]
by mmetomato | 2009-10-17 19:18 | フランス国外
バルセロナで一番好きな場所


そもそも、その昔バルセロナへ出掛けた際の、一番の目的地がここでした。 もちろん、他のガウディ作品全て巡る意気込みでいたので、これだけではないのだけれど、ここだけは断じて雪が降ろうが風が吹こうが、絶対行く! と決めていた場所。
期待通りにそれはそれは気に入っている、グエル公園です。
c0120322_552655.jpg

こちらもまた観光客が増えたこと!
TV映像や写真で見るだけでなく、やっぱりその場所と環境に足を踏み込んで見るのが一番なので、訪れる人が増えたのはある意味嬉しいのだけど、カメラを向ける時になると「ああん、どいて」と我がままを思ってしまって。
c0120322_561551.jpg

この彼(上)、向こうへ歩いていたので、柱の影になるのを待ち構えてシャッターを押すのに、ボタンを押してからシャッターが下りるまでにちょっと誤差がある我がデジカメ、ジグザグに歩く彼が柱から姿を表したところで写してしまう。

後ろから来るグループものんびりと見上げたりアーチの外へ出たり戻ったりしているので、私も同じように半径4メーター位を行ったり来たりしながら、上の彼が行き過ぎて人気がなくなるのを狙ってまたカメラを構えればいいかな、なんて思っていたら・・・
c0120322_57898.jpg

私の目論みを妨げるかのように、Uターンして戻って来るじゃありませんか。
「はぁ、しょうがないな。よっぽどのファンなのか」

折角この場に居るんですもの、丹念に眺めたいわよね。
気持ちはよ〜く分かるので、あきらめかけてこちらは前進し始めたら。
ちらりちらりとこちらを見ながらやって来る彼。 「鼻の頭に葉っぱでもくっついてますか?」と不可思議に思いつつ見返してみると、間近にやって来た真面目君風な顔に微笑みが。

もしや? と思った通り、ちょっとシャイなのか遠慮がちに近づいてきて、おぼつかない英語で遠慮がちに、「シャッターを押してもらえますか?」って。
見ての通り一人旅なのね。 「もっちろん! 全身? 半身? どちらを背景にする?」
2枚写してあげたら、にっこりして丁寧にお礼を述べて、のんびりとまた来た道を辿って行きました。

だいたいこういう観光名所でカメラを手にした人に頼まれるのは「シャッター押して」でしょ?
自国語でお願いしたって通じるくらい定番。

去年の夏、恐縮しながらお願いしてくる一人旅と思しき韓国人男性(上の青年と同じような年頃、つまり私より遥かに若い)にモンマルトルで声をかけられた時、何語なのやらサッパリ分からない言葉で(一応英語だったようだけど、必死で英単語を探していたようで)デジタルカメラを指差しながら何やらお願いされ、気軽に「オッケイ!」と手を出したら、いきなりカメラを構えられて慌てたことがありましてね。
「(僕の)写真撮って」じゃなくて、「写真撮らせて」だったとは。
あり得ない、私なんぞ写してどうするのよ。
構えたカメラをつまみ上げて、彼の写真を撮ってからお返しして一件落着。 気の良い人のようだったのでふざけつつでしたが、にこにこして去って行きました。

実は上の青年が近づいて来た時、ふと昨年夏のその一件を思い出して素知らぬ顔でそっと逃げようかと思いかけたのでした。

c0120322_58593.jpg

かくしてまんまと人気(ひとけ)のないショットを獲得。
実は向こうにも後ろにもかなり人は居るので、これが精一杯でした。
c0120322_59083.jpg


[PR]
by mmetomato | 2009-10-14 05:13 | フランス国外
バルセロナの「パヴェ」


予告していながら写真の整理が追いつかなくて、延び延びになっていた先月のバルセロナ写真。
まったくトンチンカンな方向にカメラを向けたがる私の、バルセロナの写真シリーズ第一弾は・・・。
c0120322_344317.jpg

うっかりシャッターが下りちゃった。
というわけではありません。
c0120322_3451288.jpg

こんなのとか、↑

こんなのも ↓ 。
c0120322_3463175.jpg

もうお分かりでしょう、
「バルセロナの石畳(Pavés:パヴェ)」シリーズ。
c0120322_3473258.jpg

マンホールも気になったりして。
c0120322_3483783.jpg

アグア・ポターブル・・・じゃなくて、スペイン語だとアグア・ポターブレ?

バルセロナ人にしばしば「仏語でお礼」を言われて、「何故私がフランスから来たって分かるんだろう???」と首を傾げていた私。 スペイン語はサッパリしゃべれません。
でも、バルセロナ人って割とそれでもきちんと応対してくれるのが嬉しい。

普段使い慣れない英語でのミーティング続きで頭の中ごっちゃになっている最中、西語の10フレーズくらい覚えてくれば良かった! と思っても後の祭りで、親切で根気よく相手してくれるカフェやバルのオジサン、オバサン方の親切に甘えっぱなし。
一応、その辺で拾って覚えた単語を並べてみたり、こちらも努力してみるのですけれど、身振り手振りでなんとか伝えようとすると、気付いたら仏語でまくしたてていたりして。
それでも、聞き手も適当に似た単語を拾って理解してくれてしまうから不思議。

でも、これには一応ちゃんとワケがありました。 その辺の話はまた後日。
c0120322_3495064.jpg

色々なタイルが道によって様々に並ぶバルセロナの中心街、とびっきりはこれ。
c0120322_3503421.jpg

ガウディデザイン。

なかなかステキでしょ。
[PR]
by mmetomato | 2009-10-08 03:53 | フランス国外
パリから2時間弱飛べば。

出かけた先はこちらです。
世界遺産にも指定され、世界遺産が大好物の日本の人の多くはご存知のことでしょう。
c0120322_0332573.jpg

ガウディの建築物がたっぷり堪能できる、バルセロナ。
頭じゃスペインの首都=マドリッドと知っているけれど、私の初スペインは昔初めてこの国へ到着したのがこの街なので、気分的には「スペインの首都はバルセロナ!」。

いかんせん四捨五入したら20年という計算となる昔来たきりなので、「変わってしまってがっかりしないかしら?」と少々怖気づきつつ、でも、仕事とはいえ久しぶりなのでかな~り楽しみにしての到着でした。

案の定、観光する暇は全く無かったものの、みっちり仕事した後の週末、「もっとのんびりしなさいって言ってあげたいけど、宿泊費会社持ちだから残り存分に楽しみなさい」と同僚兼上司の甘い言葉にあやかって、愛しのガウディ建築はちょこっと楽しんできました。

同僚は、パリでのっぴきならない用事があって一足先にシュタッと帰国。
一人なのを寂しいと思う間もない時間との戦いのような僅かなフリータイムでした。

ガウディ建築に本で出会い、すっかり恋に落ちてしまって間もなく、ヨーロッパあちこち、アメリカ、カナダ辺りをちょくちょく旅して歩いた末、旅行に関して行き着いたささやかなる私の観念は、「絵画目的に旅するのはもうおしまい。絵画は特別展示などで国外への貸し出しができるけれど、どうせその地へ出向くなら、その土地から動かない/動けないものを主たる目的としよう」というものでした。

建築もしかり、土地の雰囲気や風景、その土地ならではの食もしかり。
そんなものをひっくるめて、バルセロナは私を満足させてくれる大好きな街なんです。
人々は親切で暖かいし、スペイン語はサッパリできないし、英語ができるバルセロナ人は少ないけれど、その辺で拾った単語でなんとなくコミュニケーションできちゃうし(未だ不思議。カタルーニャ語と仏語が似ているからなのでしょう。しかし侮るなかれ、似て非なり)。

2年も住んだら飽きちゃうこと間違いなし、と思うけれど。
その辺、折りしもバルセロナに住む外国人から「やはりその通りに違いない」とほぼ確信する話を、仕事の合間の雑談中に聞いて、短い訪問ながらも「Visite」に留まることで満足もしたりして。

今しばらくバルセロナレポートを続けることにします。
(パリ もちょろっと出てくるかもしれないけれど)
[PR]
by mmetomato | 2009-09-16 00:44 | フランス国外
ちょっとフランスを留守にして


「ししとう」を食べに飛行機でひとっとび。
c0120322_6295926.jpg


この図(上)で、行き先を見抜ける人は多いんじゃないかな。
日本じゃありませんが、9月だというのに同じ位暑い。

ちっともサイト復旧もブログの更新も進まず、覗きに来て下さる方に申し訳ないのですが・・・

へとへとでパリへ戻り(トゥールへ戻る暇なし)、写真を整理したら出張先で写してきた諸々をアップロードします。
[PR]
by mmetomato | 2009-09-13 06:35 | 料理
縦列駐車、法則破りのパリ人


これ、仏人のブログでちょろっと見かけたことがあるシーンなのですが、未だ現物に出くわしたことがなかった私。

折りしも、友人と落ち合って、たまたま“その図”の話をしながら、フランス人のくせに(一応彼女を弁護すると、パリ人じゃないトゥールの友人)モンマルトルを全く知らないというので、「じゃあちょろっと観光ルートを一巡り案内するわよ」とざっと簡単に一巡りして、ショッピングに出かけましょとパリの中心地を目指すべくメトロ駅へと坂道を降り行く道端でひょっこり遭遇した、「正にその図」。

コレです。 ↓ 

c0120322_6394352.jpg


これだけじゃ見抜く人は少ないかな。

c0120322_6413856.jpg



c0120322_643293.jpg


ちらほら下って行く観光客が横目で冷やかし紛いに微笑んでくれるのもそっちのけで、狂喜して何度もシャッター(相変わらず携帯電話のカメラですが)を押す私たち。

ゴキゲンでした。
[PR]
by mmetomato | 2009-07-16 06:47 | パリ Paris
ある、雨の日のパリ


とある雨降りの日、仕事帰りの夕方、ピガールPigalleからrue des Martyrs マルティール通りを南下していたところで鳴り出した電話に立ち止まって応答しつつ、ふと目に留まった少年。

ちっちゃいパリジャン Parisien。

c0120322_73387.jpg


左を見て、

c0120322_7342061.jpg


右を見て、

c0120322_7352030.jpg


クルリクルリ

夕立のようなどしゃぶりに、大人たちが肩を縮めて歩く中、長靴に雨傘、なんだか彼ひとり、ものすごく楽しそうでした。
[PR]
by mmetomato | 2009-06-13 07:42 | パリ Paris