パリのアール・ヌヴォー:その5


ギマールによる代表的かつアールヌヴォーらしさ溢れる異質なデザインの邸宅もこの界隈。そちらへと向かう道中にも、見逃せない同建築家作品が見られるので、寄り道数件を歩いた順に掲載します。

こちらは60 rue la Fontaine(フォンテーヌ通り60番地)、Hotel Mezzaraオテル・メッザラ。 1911年築。
c0120322_19545429.jpg

控えめながらもやはり同じ時代の香りたっぷり。
c0120322_19553581.jpg

半年足らず前にガウディを目一杯、駆け足ながらも堪能してきたばかりの我が目には、インパクトとしては欠けますが、入り口門というか柵のあしらいも彼らしいスタイル。
c0120322_19563739.jpg

サインはここは痛みなく残っています。
使われる石のみならず、こういう石造りの家って、風向き次第で傷み具合がまた異なるものなんですよ。
湿度が高いとすぐ黒くなってしまったりね。
もっとも、黒ずむのはカビの類によるとかで、増殖を防ぐ薬もあるらしいです。
c0120322_19571037.jpg

入り口扉(次)
c0120322_19575429.jpg

修理する職人さんが今もいるのがまた、フランスの良いところ。
ちなみにトゥールにはこういう専門家の学校があり、普段あまり見かけないけれど高技術の専門家が沢山います。お隣の県にもあって、そちらは石の専門家育成で、外から見えるアトリエを壁越しによく眺めては、皆熱心に取り組んでいるのになんだか妙に感激して、むやみに拍手を贈りたくなったものでした。
c0120322_19583977.jpg

窓の前も、ファサード中央は独特の、茹でたスパゲッティを散らしたような曲線スタイル。
c0120322_19591818.jpg

通風孔と言うのかしら、地下の明り取りなのかしら、侵入防止の柵も見落とせません。
c0120322_2001269.jpg

ギマール邸からメトロJasminジャスマン駅へ戻り、駅すぐ脇、東寄りへと伸びる石畳の小さな道、rue Ribera(リベラ通り)を突き当たりまで進んで左折してすぐ左手になります。
住所は 60 rue la Fontaine 75016 Paris(16区)

ここからすぐ目と鼻の先にあるのが、次回ご紹介する「Tremois トゥレモワ」。
[PR]
# by mmetomato | 2010-04-03 20:02 | アールヌヴォー