特売のパイナップルで


日本の友人達から、「GWに入りました」なんてメールが次々に届き、「ジェ・デュヴルヴェ(=GW)てナニ?」と首を傾げた後「ああゴールデンゥイークか!」と気付いた途端、まとまったお休みがあるのが羨ましく思えたのは、月初め間もなくのこと。
あるイベントの企画で大忙し、でもすっかり楽しんで取り組んでいたのと、前の週の木曜も祝日だったので、その1日だけで気分良くしていたあまりにケロリと忘れていましたが、私にもちゃんと5連休が待ち構えていました。

もう半分過ぎてしまったけれど、初日は8日の「Victoire 1945」。 日本は反対側で戦っていたので、まかり間違っても「Victroire ヴィクトワール(勝利)」なんてネーミングはあり得ない、いわばフランスの終戦記念日。
翌金曜は平日でも、土日月と3連休が待ち構える飛び石連休なので、私はオフィス自体が穴を埋めてお休みなため5連休。 忘れていたくらいなので、日曜に近くの知人宅に集って食事を挟んでの会合が予定されている他は、何の予定も入れていなかったところ、友人から「鮮度の良い野菜が安いお店を見つけたからいらっしゃい」と声がかかり、ガーデニングショップへ寄り道してから食料調達に午前中半日費やしたのが、連休初日でした。

そこで見つけたのが、パイナップル2個2ユーロという魅惑的なプロモーション。
朝だったのでまだ過ごし易かったものの、午後は気温上昇して夕方には夕立までやって来そうなお天気の良い祝日だけにトロピカルフルーツがピッタリ。
勿論、飛びついて選んできました。



時々ドサッと輸入されるらしく、ここ1年程、あちこちのお店で見かけるコスタリカ産の甘味の強いタイプです。 結構ハズレが無いので、見つけるとお値段次第ながらもよく買って来る品種。
さすがに普通サイズ2個じゃ多いかなと一度は躊躇して、友人に「1個いらない?」と提案してみたのに、
「先週買ったのがまだ1個残っているからいらない。ダイエットに効果的って言うわよ」
とそそのかす友。
「そうは言うけどね・・・ デザートにするから期待できないのよ」と私。



こちらが、早速作ったデザート「Crème d'ananas クレーム・ダナナッス」、直訳するとパイナップルのクリーム。
パイナップ入りのカスタードクリームのようなデザートです。

カリブ海&インド洋のクレオール風に、シナモン、スターアニス、ヴァニラで香り付けし、パイナップル丸ごと1つたっぷり使って。
脂は加えないので、焼き菓子よりはカロリーは低いけれど・・・
お砂糖が入るので、友人に口答えした通り、ダイエットを意識したレシピではありません。

もう一つのパイナップルは、



同じくクレオール風のライスサラダに(写真は今回撮らなかったので、上は去年撮影分&去年このページに掲載したのと同じ)。
カニ缶を使うのが一番だけれど、お値段に譲ってスュリミ Surimi こと、カニかま、レモン、ココナッツミルクの香りでサッパリと仕上げる夏向きのサラダです。
レシピはサイトの方に加えましたので、興味ある方はそちらへどうぞ。 「欧米料理:お野菜」の「サラダ」の欄にあります。

ただし今回は、作り始めてからココナッツミルクの買い置きがないことに気付き、代わりにココナッツファインを加えています。
夏近づくと、ピリリと辛いカレーもしかり、暖かい国の食べ物が美味しいのよね。


[PR]
by mmetomato | 2008-05-11 16:22 | 料理


<< またも、虹の向こうへ アーティーチョーク、Step-... >>