生涯初のクッキングコース


ウェブサイトのほうをひいきにして下さっている方は、きっとお気づきの通り、しばらくまた自宅を留守にしている間に、いつの間にか「グルメ・ガーデンの賃貸我が家」が無くなっていました。
目下「宿無しのウェブマスター」となった私。 間借りしていたドメインが他のホストに乗り換え先先を見つけたので、アドレスを変更しなくて良いように一緒に引っ越しを余儀なくされていまして、マダムTOMATOの“グルメ・ガーデン”の復旧までには少々時間を要しそうです。

多少時間はかかりますが、サイトを閉鎖する気は更々ありませんので、度々覗きに来て下さった方、また、リンクして下さっている方、復旧まで1ヶ月ほどご辛抱下さい。

いきなりホストサーバを停止したのは、かの悪評高いLycosです。
さっさと引っ越しておけば良かったと言っても後の祭り。同社がサービス停止したのも、きっと不況のあおりなのでしょうと思うと気の毒ではあるものの、怪し〜い言葉を操るクライアントサービスの色とりどりのフランス語が面白かったのを除けば、悪評を裏切らない会社でした・・・


さて。
パリで仕事と遊びにうつつを抜かしている間にウェブサイトのほうがとんだ目に遭っていましたが、「写真を撮って記事を書け、ついでに存分に楽しんで来なさい!」なる命で放り込まれた先で、生まれて始めて「クッキングコース」を体験してきました。
もう何ヶ月前になるやら、仕事仲間にグルメ・ガーデンの話をしたところ、「じゃこの仕事はアナタにね」と言わるも、果たして本当に実現するやら「完璧に忘れているデショ?」と思っていた話がいきなり浮上してのこと。

結果から言うと、いやはや、もうどうしようもないほど楽しかった!

レッスン内容は「パティスリー(お菓子)」と思い込んでいた仲間がレッスンに私を押し込んだので、てっきり2時間位で帰るのだろうと思っていたら。
18時からだというので、そこまでちょっと遠いオフィスに居たためと方向音痴を念頭に小一時間前に皆に「作ったお菓子、持って来てね〜」などと言われつつ見送られて向かい、いかんせん方向音痴なので、レッスン後は近くに住む仕事仲間が迎えに来てくれると言っていたのですが(相変わらず私の滞在先はモンマルトル)、途中で心配になった仲間が留守番電話に「電話し忘れた? ちゃんと帰ってご飯食べてるならいいけど」なんてメッセージを残したくらい4時間を超え、お料理教室を出たのは22時過ぎ。

お菓子じゃなくて、立派なフルコース、しかもばっちりディナー満喫! でした。

行く直前に聞かされていた通り、いかにもパリだなぁ(トゥールのような田舎じゃないという意味で)と呟いた最たる特徴は、レッスンが英語で行われること。
だから、日本から来る旅行者でもアクセス可能なんです。 
仏語もちゃんと通じますけど、確かウェブサイトは英語でしか記されていなかったかと思います。

Cook'n With Class ← ココ ↓
http://www.cooknwithclass.com/index.html

私のオススメの最たる理由は締めくくりに書きます。
まずは、チョコチョコと取って来た写真と共にレッスンの模様を、次回から数回に渡ってメモします。
[PR]
by mmetomato | 2009-03-08 09:57 | 料理


<< 生涯初のクッキングコース:2 Paris - Tours >>